トップ 履歴 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン

97th Tokyo.R "5分でできる「R (Python) でTwitterの感情分析」"


キーワード

最終更新時間:2022年03月19日 16時01分34秒
アフィリエイト・広告について
プライバシーポリシー

はじめに

R言語のコミュニティ (勉強会) であるTokyo.R5分でできる「R (Python) でTwitterの感情分析」という発表をしました。

資料

以下に資料 (PDF) を添付します。

ハンズオン環境

資料中にも示していますが、RStudio Cloud上にTwitterデータの分析ができる環境を用意しました。RStudio Cloudで実際にツイートを収集するのは大変ですが、あらかじめ収集したデータを配置しています。以下のURLから、Googleアカウント等でログインすると無償で利用できます。

sentiment_jaライブラリについて

今回の発表では、Pythonにおいてテキストの感情分析を容易に行うことができる、sentiment_jaライブラリを使用しました。しかし、(理由は知りませんが) ちょうど資料を作成していたタイミングで、GitHubリポジトリが削除されていました。偶然、直前にクローンしたデータが残っていた (そしてMITライセンスだった) ので、筆者のリポジトリにアップロードしています。利用してみたい方は、以下のURLからリポジトリをクローンしてください。

git clone https://github.com/ltl-manabi/sentiment_ja.git

なお、筆者はライブラリの内容についてはあまり理解していないので、お問い合わせやプルリクエスト等をいただいても対応できません。ご自分のリポジトリで改良してください。

関連ページ


カテゴリ: [R,Python,Twitter,データ分析]